サクラ・Leaf(おーばのつぶやき)

東京下町の零細企業で仕事をしながら日々の思いを綴ります。
様々に問題意識を抱えながら突破口を探しています。
元統一教会信者・現在は独り、世の矛盾にどう盾突こうかと悶々とする日々。
<< 趣味と信仰 十字架と復活 | main | COVID-19 >>
バカな呟きです
0

    新型コロナウィルス問題が、古い世を滅ぼしてくれるのではないかという淡い期待を抱かなくもない。

     

     

    日本で5月6月で落ち着きを取り戻せるのならばCOVID-19は黙示録の第五のラッパのイナゴの害なのかもしれない。
    だとしたら、第五の教会であるサルディスの教会に奨められたことを実践する必要がある。

     

    「わたしはあなたの行いを知っている。
    あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる。
    目を覚ませ。死にかけている残りの者たちを強めよ。
    わたしは、あなたの行いが、わたしの神の前に完全なものとは認めない。
    だから、どのように受け、また聞いたか思い起こして、それを守り抜き、かつ悔い改めよ。
    もし、目を覚ましていないなら、わたしは盗人のように行くであろう。
    わたしがいつあなたのところへ行くか、あなたは決して分からない。
    しかし、サルディスには、少数ながら衣を汚さなかった者たちがいる。
    彼らは、白い衣を着てわたしと共に歩くであろう。
    そうするにふさわしい者たちだからである。
    勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。
    わたしは、彼の名を決して命の書から消すことはなく、彼の名を父の前と天使たちの前で公に言い表す。
    耳のある者は、“霊”が諸教会に告げることを聞くがよい。」

     

     

    実は死んでいる人は新生を成し遂げている人、死にかけている者たちというのは、新生しようとしている人たちですね。
    わたしの神という表現があるので、わたしと名乗る方は神ではないとするとメシアでしょうか?
    ここで来られるメシアは第六の封印を解かれて新しいエルサレムを築かれる方でしょうか?
    だとしたら第四アダムと呼ばれる方かもしれません。
    あなたの行いはまだ不完全だからもっと頑張れと。
    目を覚ましていれば知らせをもって訪れる。
    (ラッパの音を聞きなさい。)
    だけどいらしたとしても分からないというのは残念至極。
    衣を汚していない少数の者たちはいるということなので、
    彼らがメシアと共に歩くことができるように、これまで受け取ったものを活用しなければいけませんね。

     

    これを自分のこととして読むのはあまりにもおこがましいけれど、
    ここで謙遜傲慢で失敗するのも悔しい事でしょう?
    そもそも“おーばかよ”と名乗ってるんだからバカになりましょう。
    衣を汚していないと自負する方もバカになって下さい。
    願わくは、私が受けて聞いた事柄を活かす方法を共に考えてはくれませんか?
    共感し、共有しなさいとも聞いているので。

     

     

    | おーば | - | 23:22 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + 自画像・ホームページ
    + ブログ村ランキング
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES