サクラ・Leaf(おーばのつぶやき)

東京下町の零細企業で仕事をしながら日々の思いを綴ります。
様々に問題意識を抱えながら突破口を探しています。
元統一教会信者・現在は独り、世の矛盾にどう盾突こうかと悶々とする日々。
<< 神様の願いに応えるために | main | 原理の根本は四位基台…神様を描写する試み >>
あけましておめでとうございます
0

    新年あけましておめでとうございます

     

    拙く遅々として進行しないブログではございますが本年もよろしくお願いいたします

     

     

     

    新しい一年を迎え、また一つ年齢を重ねていきます。
    肉体の年齢は地球の公転とともに自動的に増えていくものです。

     

    ところで、魂の年齢はいかがでしょうか?
    ある程度の年齢になって来ると気だけは若く保ちたいとか思いがちです。
    でも、若ければいいというものではありません。
    保ちたい若さは柔軟性の部分ですね。
    でも、成熟する必要はあるのです。
    いえいえ、成熟しなければいけません。

     

     


    私たちは成長しなければいけません。
    これは絶対的な命題です。

     

    何故絶対的かというと、子女としての責任だからです。

     

    真の意味で神様の相対に立つことができません。
    幼い者のままでは幸福な世界を実現することができません。
    子女の成長は父母の願いです。


    つまり、愛を受ける立場で自分自身の幸福の問題であると共に
    愛を授けてくださる方の希望に応えるか裏切るか、もっと言うとその方の幸福という問題です。

     

    私が成長しなければ誰も幸福になれないのです。

     

     

    勿論最初は幼子なのです。
    幼子には幼子の幸福はあります。
    可愛い娘をいつまでも手元に置いておきたいと思う親が「いつまでも小さいままでいてほしい」と衝動的に思うことはあります。
    しかしそれが本当にそうなったら困るのです。
    永遠にその子供を面倒見続けることはできません。
    そして、大人になることで得られる様々な幸福を知っている親は、その幸福を子供にも体験してほしいと願うのです。

     


    今年も皆さんと共に成長できる年としてまいりましょう。

    宜しくお願いいたします。

    | おーば | - | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.o-baka.com/trackback/403
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + 自画像・ホームページ
    + ブログ村ランキング
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES