おーばのつぶやき

東京下町の零細企業で仕事をしながら日々の思いを綴ります。
様々に問題意識を抱えながら突破口を探しています。
元統一教会信者・現在は独り、世の矛盾にどう盾突こうかと悶々とする日々。
<< 共同体の必要性 | main | お金 >>
良心は嘘をつかない。
0

    おーばの話は原理じゃないよね。
    統一原理じゃないし成約原理でもない。

     

    じゃあ何?

     

    統一原理と御言と、
    成約原理少々(十分な理解ができているとは思っていない)と、
    宗教・思想・哲学史と心理学と、
    浅墓な科学的知識等々と、
    実生活の経験とあちこちで拾ってきた多くの人たちのインスピレーションのかけら
    知りうるものを総動員したうえで、
    良心と理性に則って書いている。

     

    良心は知っていることから目を背けず、理性はそれぞれの整合性を求めます。
    (ジャッジメントは理性が仕切っていますね。
    整合しない事柄が、なぜ整合しないのか理由を見極めようとする。
    多くは心理学的側面から、良心に忠実ではない行動が不整合を生んでいる。
    あるいは、幼さから来る自己中心的な“ゴリ押し”が亀裂を生みます。
    ああ、幼さは良心の小ささかもしれない。
    知っていることから目を背けなかったとしても、知っている事柄が少なければ整合仕様がないのだ。)

     


    私はそれ程物知りだろうか?

     


    私にもインスピレーション(閃き)は与えられる。
    しかし、それは「真実はこれだ」と言うものでは無く、
    「ここにヒントが書いてある」という導きである。
    だから学びの量は大したことはないかもしれないけれど、効率よく学ばせていただいている気がします。
    与えられたインスピレーションに対しても、理性のジャッジメントは容赦がない。

     

     

     

    良心についてはいろいろな意見があるようですね。
    良心は内在神であるとか、
    良心の成長度合いによって善いことを選び取れるようになるみたいな。

    良心について確実に言えることが一つ。

     

    『良心は嘘をつかない。』

     

    「神様とルーシェルは嘘つき」のようなので、
    嘘をつかない良心は「神様にまさる」ということでしょうか。

     

    | おーば | - | 22:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    良心(りょうしん)とは、自身に内在する社会一般的な価値観(規範意識)に照らして、ことの可否ないし善悪を測る心の働きのことである。−ウィキぺディアより−

    事の善悪や常識は、時代・国や地域・社会・そしてなによりも個人により異なる。というのが、私の考えであり、これが現実であるというのは、あまり異論のないところだと思います。
    上記の良心の定義にありますように、良心についても、善悪や常識と同様に、普遍的なものではなく、国や時代・個々の人間ごとに異なるものだと思います。
    良心に従って行動するというのは、一般的にはすばらしいことですが、その良心そのものが、捻じ曲がり屈折していたり、時代錯誤的だったり、思い込みにすぎなかったりすると、悲劇的な結果になることがあります。善意・良心からだと思って行う行動は、歯止めがききません。その代表例が、カルトの暴走だというのが、私の意見です。
    | ミッターマイヤー | 2017/09/27 12:47 PM |
    >その良心そのものが、捻じ曲がり屈折していたり、時代錯誤的だったり、思い込みにすぎなかったりすると、悲劇的な結果になることがあります。

    だから理性的判断が必要なのね。
    目をつむることが良心的判断だと思い込むときに、
    目を開くことを勧める心はなんと呼ばれるべきだろう。

    名大の先生が書いた本で『良心論』というのを読みましたが、
    日本語の良心は明治時代に訳語として作り出された言葉で、
    元のヨーロッパ語の語源では「ともに知る」という意味になるとか。

    一体何と共に知るのか?
    より広く多くの存在と共に知ることがより優れた良心の条件な気がします。
    | 桜葉佳代 | 2017/09/28 10:30 AM |









    http://blog.o-baka.com/trackback/397
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + 自画像・ホームページ
    + ブログ村ランキング
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES