サクラ・Leaf(おーばのつぶやき)

東京下町の零細企業で仕事をしながら日々の思いを綴ります。
様々に問題意識を抱えながら突破口を探しています。
元統一教会信者・現在は独り、世の矛盾にどう盾突こうかと悶々とする日々。
常識を作る側
0

     『マインドコントロール』は
    世の中には『常識』と言う形で存在しているのではないか?

    という前提で考えてみる。

    マインドコントロールがコントロールであるならば、
    コントロールには受ける側とする側が存在することになるでしょう。
    集団心理を操ること。

    世の中には流行の仕掛け人みたいな人たちがいます。
    商品や企画をプロデュースする人たちです。
    この資本主義の世界では仕事でプロデュースをする人たちの目的は
    利益を上げることに他なりません。
    (二次的にはプロデュースすること自体が楽しいとすることも勿論あります。)

    基本的には世の中の大局を見据えて仕事をしているわけではありません。
    極論すれば「ウケ狙い」です。
    新しい技術、企画、目立つ、楽しい企画を求める傾向が強いので、
    プロデューサーたちが活発に動けば、世の中の変化は活発になります。

     最近の傾向として、世の中が個人主義化しているものですから
    孤独にはなりたくないと思う個人個人はかえって皆小さな仲間を作ってスクラム(=コミュニティ)を組んでいるように見えます。
    その小さなコミュニティごとに流行を共有して、さらに仲間意識・つながりを強めようとします。

    取り入れられた流行はそのコミュニティでは『常識』の位置を占めます。
    もちろん、遅れをとれば取り残されますから良し悪しを考える以前に自ら進んで取り込もうとするのでこれはやはり『マインドコントロール』と言ってよいでしょう。

    ファッション・カルチャーでは流行と表現しますが、企業などでは社訓や目標・ノルマなどがこれに替わります。
    企業には収益を上げるという明確な目標がありますので、
    個人の意識はこの目標に向けて収束されていきます。
    社員がてんでばらばらな行動をとっていては仕事の効率は上がりません。
    統一された意思は社内での常識になります。

    人は自らおかれた環境の中では常識に沿って行くことが自分自身にとっても、周りの人にとっても気持ちよく過ごせる条件となります。
    進んでマインドコントロールもされますし、疑いもしません。


    ここでは世の中の流れが商業主義にあるが如く表現しましたが、
    そればかりではないと信じたいものです。

    ボランティアやNPO団体など信念を持って行動している人があって欲しいと願います。
    一般企業でも企業の利益以上に社会貢献を重視するようなところがあってもいいんじゃないかと思いますが、難しいでしょうか?

    企業・団体では、意思統一を図るためにリーダーシップをとる人間は比較的分かりやすく存在しています。
    彼らはマインドコントロールをする側の人間です。
    彼らは自覚を持って指導し、コントロールをしているでしょう。
    ファッション・カルチャーをリードする人間は、
    コントロールするという意識ではなく、相手の気分を如何にのせるかという発想でしょう。
    のせた後のことに責任意識はありません。
    もっとも、彼ら自身もマインドコントロールされた中で、
    様々なプロデュースを行っている可能性が高いでしょう。

    マスコミ関係者には明確な意図を持ち自覚してコントロールしている人と、
    自らコントロールされていくことに気づかずにカルチャー発信する人とあるように感じられます。
    “誰がどのように”ということは注意して観察してみなければ分からないと思います。
    注意深くあってもなかなか見出すことは難しいかもしれません。
    意図を持って行動する人は表にそれを表すことを避けます。

    政治の表舞台には、現在マインドコントロールできるような力のある人材はいないのでしょうね。
    困ったことに、振り回されているばかりです。
    もっとも、政治家によるマインドコントロールなんて言うとマスコミは黙っていません。
    マインドコントロールするのはマスコミの特権だとでも思っているでしょう。

    政治家の場合には一般国民をマインドコントロールしようとする前に、
    自らの腹心の意思統一を計ってその上に乗れなければ
    リーダーとしての資格はありません。
    自分の部下のマインドコントロールが出来なくてどうして民衆のマインドコントロールができましょうか?

    | おーば | 社会 | 18:04 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    常識とマインドコントロール
    0

      日本の常識は世界の非常識・統一教会の常識は日本の非常識
      と言うのが昔、(東東京限定かもしれませんが)教会の中で流行っていました。

      関東と関西で「常識」の内容が違っていることは認識されていることと思います。
      地域ごとに少しずつ違ってきます。
      コミュニティが違うと変わってくるものなのです。

      前の記事でマインドコントロールについて少し書きましたが、
      これも常識の問題ではないのかなと私は思っています。

      家庭や学校・職場など、同じ常識の中で暮らしていた人が、突然自分たちの常識とは違った言動を取るようになればびっくりすることでしょう。
      しかし、当の本人は、今までのコミュニティとは違うコミュニティに参加するようになったので、「朱に交われば赤くなる」し、「郷にいれば郷に従え」ということで新しい常識に生きるようになるのです。
      どのコミュニティを選択するかは生活していくうえでの選択や、ステップアップなどの変革を求める本人の意思に因ることとなります。

      常識に従うことこそがマインドコントロールではないでしょうか?
      「常識人」はよい社会人ですが、
      「常識的なことしか考えられない」と言うとビジネスシーンなどでは「つまらない人間」を意味します。
      常識に対しては適度な服従と、縛られすぎない柔軟性の両方を備える必要があるようです。

      しかし人は常識人であろうとする傾向を持つようです。
      社会生活を営むものには必要な傾向です。
      非常識な行動が度を越えた場合、反社会(反コミュニティ)的な行動ともなります。
      だから排除されます。
      これはコミュニティを守ろうとする行動です。
      排除されるとは、コミュニティ内にいられない事です。
      そのことが直感的に恐ろしいのです。
      コミュニティに所属できないことはダイレクトに「死」に通じる時代さえもありました。
      また、生計を立てるための手段を失うことは今でもあります。
      恐ろしいことと直感するのは当然でしょう。

      常識を共にするコミュニティ内で、生産・消費・教育・生活全般が成り立っていればそれでよいのですが、そうでなければほかのコミュニティと軋轢を呼びます。
      軋轢のあるコミュニティ間を行き来することは簡単ではありません。

      常識の背景はなかなか難しいものに感じます。

      | おーば | 社会 | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      マインドコントロール
      0
         私は多分とても強い人間なのだと思います。
        強いと言っても、打たれ強いとか、我が強いとかいう強さですが…。

        私は統一教会に所属していましたが、
        マインドコントロールされていたとは思っていません。
        自らの意思で入会し、自らの意思で離れたと思っています。
        (もちろん離れるに当たっての外的な理由はありましたが…)

        昔はマインドコントロールと言わずに洗脳という言葉が使われていました。
        響きがとてもきついです。
        洗脳などという言葉では、まるで外科手術でも受けて後戻りなんか出来ないような状態のように感じてしまいます。
        もちろん実際にはそんなことはしません。
        確か言われていたのは、身体の自由を奪って繰り返し繰り返し教え込まれて気持ちが変わるまで開放しないみたいな拷問まがいのことをして人の価値観を変えることだったでしょうか。
        教会ではそんなことはしていませんでしたから、
        「お前は洗脳されているんだ」と言われた教会員たちは大いに憤慨して
        家族との間がさらに硬直したりもしました。

        これは逆に、反対派牧師たちが統一教会員を拉致して説得するときの様子として伝えられる内容に似ています。


        一方、マインドコントロールと言えば、
        これは催眠術をかけられているみたいなイメージです。
        目が覚めれば元に戻れる感じです。
        マインドコントロールはおだてたりすかしたりして相手をその気にさせて、
        集団心理なども駆使して人を操るということでしょう。
        これは教会の中で「そういえばそんなこともあったな」と思える内容です。
        おそらく洗脳と言う言葉では、教会員を説得するには逆効果であることに気づいた誰かがマインドコントロールと言い換えたのでしょう。

        マインドコントロールは世の中に広く行われていることです。
        メディアなどを通じて流される情報に踊らされたり、
        仲間内で流行っていることが傍目からは理解できなくても
        本人たちにはとても魅力的で重要に思えることのようです。
        ふいに「これでいいのかな?」と思ったり、「まずいんじゃない?」と思っても、
        皆がやっていることだから大丈夫とか、遅れたら大変だとか考えて打ち消してしまうのです。

        最近注目される内容では、原発の問題も同じようなことでしょう。
        大丈夫かな?と思ってもキチンと管理している人が居るんだろうから大丈夫と考えていませんでしたか?
        原発には疑問を感じるから節電しようなどと誰が発想しましたか?


        人間は弱いもので、一人で生きてゆくことは出来ません。
        社会の一員として生きていくようになっているので
        マインドコントロールというのはある意味で必要なものなのです。
        協調性のある人はマインドコントロールされやすい人かもしれません。

        マインドコントロールを受けない・受けにくい人間は、
        平和な世の中に於いて反逆者になる資質を持ちます。
        孤立しやすく、上手に世渡りをすることが出来ません。

        良い指導者による良いマインドコントロールは良い社会を築くでしょう。
        しかし、私たちにはその良し悪しを見極めるための確定的な基準を持っていません。
        | おーば | 社会 | 14:01 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
        テレビコマーシャルに思ったこと
        0

           今テレビをつけると、番組自体は通常のものに回復してきましたけれど、
          コマーシャルはなかなか戻りませんね。

          企業自体が受けたダメージのためでしょうか?
          社会の重たい雰囲気の中広告宣伝活動を自粛しているのでしょうか?

           一般企業広告に代わって放映されているのがac(公共広告機構)のコマーシャルです。
          どのチャンネルでも同じコマーシャルなのでいい加減にすっかり記憶してしまいます。

           『金子みすず』や『宮沢賢治』の詩をモチーフにしたものなどは「いいな」と思うのですが、『知層』と称して活字文化を推奨しているコマーシャルは「あれ?」と思いました。
          活字で表現されたものの全てを美化し、正しいものであるかの印象を持ちやすいなと思ったのです。
          確かに、活字で表現されるものは編集者などの目を通り、著者の独断や勘違いによる間違いは少なくなると考えられます。
          インターネットや口コミなどの情報に比べれば圧倒的に信憑性は高いでしょう。
          しかし、新聞の誤報や世論のミスリードなど多くの問題を起こしている事実もあるのです。
          短いコマーシャルではイメージを伝えることしかできませんから『活字文化推進』するにはよいかもしれません。
          しかし、『公共』と名前に冠して放映するのはどうかなと思うのです。

           また、奇しくも先週ここに書いた記事と同じキャッチで流れているコマーシャルがあります。
          『今、わたしにできること』
          節電や、買いだめを止めることを訴えるのはいいのですが、
          このコマーシャルで気になったのは各自が自分で考えることを促さないこと。
          『公共』に謳ってしまえば、それさえしておけば安心してしまうし、
          逆に、それをしなければとても不謹慎な人だと印象付けてしまうのです。

           『金子みすず』や『宮沢賢治』は問題提起を促しますが、
          『知層』と『今、わたしにできること』は決めつける印象を持つのです。
          『公共』の名前の下には決めつけは辞めてもらいたいと思います。

          これはあくまで私の感想ですから、違った意見もあると思います。
          私自身独断的な表現を多く使うところがあるかと気にかかっています。
          だからこそ、個人のブログであるわけです。

          | おーば | 社会 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          転載:東日本地震情報
          0
            避難所の名簿等、被災地の情報のリンクが多数入っています。
            以下転載情報


            -----------------------------------------------

             【追記】至急拡散情報あり!ご協力お願いします!!(3月15日追記あり)テーマ:ブログ

            (拡散希望)岩手からの 真実の声です!!!【岩手 被災者からの手紙】こちらから→http://t.co/VcQf6RV


            宮城関連のツイートがまとめて見られます

            http://durango.jp/save_miyagi/

            これで避難所・炊き出しがわかります。まだお腹をすかせている子供と一緒にさまよってる方がいます。教えてあげてください

            okguide.okwave.jp/guides/40782 #miyagi #fukushima #iwate


            【茨城県の方へ】携帯からも見れる茨城の炊き出し所マップです。茨城県のフォロワーさんのツイートを見てるとTVでの報道がないため茨城がかなり悲惨な状態のようです。公式RTで広めてあげてください!



            http://bit.ly/hznGrs


            茨城でボランティアを希望される方の問い合わせ先(茨城県ボランティアセンター)電話番号が029-241-1133に変更になりました。

            受付時間は朝8時半から夜9時まで。#save_ibaraki


            【被災した方外国の方へ】NHKが、17カ国語でニュースを発信しています。http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

            「拡散希望」地震情報をずーっと英語でツイートしてます。

            外国人の友達に教えて上げて下さい。

            I'm tweeting news about quake/tsunami in north Japan in English. Pls tell yr friends in Japan.


            英語での停電スケジュールです。宜しければ拡散をお願いします

            <Information In English>This is Tokyo 23 wards' shutdown schedule. http://ux.nu/IISu2G #84MA


            【至急、拡散願います!】
            !!
            2011/03/14 16:55
            拡散願います!「仙南中央病院。入院患者含め230人以上孤立。餓死寸前。食料、医薬品、燃料至急求む。仙台、津波、原発のニュースのみ流れ、宮城県県南地域に物資来ない。地域住民30万以上孤立状態です。メディアに無視されてる地域です。お願いします!宮城県柴田町仙南中央病院 病院長 鈴木健より ヘルプ!」皆さん広めてあげて下さい!


            【拡散希望】 大船渡付近の安否確認!! 至急確認して下さい!
            岩手日報のHPにて大船渡の避難所にいる避難者名簿が多数アップされていました。
            大船渡方面安否確認です!!
            http://t.co/bW9X847


            拡散お願いします 【炊き出しまっぷ】ご飯・飲物がある避難場所

            宮城→http://t.co/bVPSkY4

            福島→http://t.co/MsL4wc9

            茨城→http://t.co/a1qas62

            栃木→http://t.co/rMV2Y1Z
            http://www.primedesignworks.com/earthquake/takidashi.php


            Googleが避難所の被災者名簿を、ケータイなどを使って撮影した画像を撮影地別にネット上に公開するサービスを始めたそうです。
            https://picasaweb.google.com/tohoku.anpi



            募金お願いします。

            NHKなどは被災地支援の義援金を放送局の窓口や郵便振替で受け付けています。口座番号は

            「中央共同募金会東北関東大震災義援金」00170-6-518

            「日本赤十字社東北関東大震災義援金」00140-8-507

            振替手数料は無料です  

            避難所名簿共有サービス

            https://picasaweb.google.com/116505943227607394790/DropBox #

            岩手日報が安否情報を発表していました。

            http://www.google.co.jp/gwt/x?guid=on&output=xhtml1_0&source=m&u=http%3A%2F%2Fwww.47news.jp/47topics/e/200115.php&wsi=75af064586d56f67&ei=YK99TZLGGoLLkgXXiMmnAw&wsc=tb&ct=pg1&whp=30


            避難所ではない所で多数人が取り残されているようです。

            メディアのみなさん、ご覧になってらしたら関係各所へお願いします。
            また、千葉県、茨城県共に支援物資が必要な地域もあります。

            東北地方だけではないとこを伝えてください。


            nhk_HORIJUN

            を検索してフォローしていただくと、これはNHK公式アカウントなので、停電系
            などの最新情報がタイムラインに自動的に流れ込んできます。
            輪番停電で国内拠点のwebの接続が危うくなる可能性もありますので、念のため



            <無線LAN、Wi-Fiスポットの開放>
            ・ソフトバンクWi-Fiスポット
            →ネットワーク名を「FON」と入力

            ・livedoor Wireless
            →http://blog.livedoor.jp/ld_wireless/archives/51908390.html

            ・FON
            →「FON_FREE_INTERNET」で認証不要で使用可能


            <災害用ブロードバンド伝言板>
            https://www.web171.jp/

            <Google安否確認サービス>
            http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html


            昨日に続き携帯電話の充電サービスをKスタ宮城で実施しております。

            停電で充電できない皆さま、ぜひご利用ください!トイレもありますhttp://bit.ly/gi9h2S アシ #save_miyagi http://twitpic.com/48x39m


            ---------------------------------------------------------

            元記事は 華梨さん
            http://ameblo.jp/vewev/entry-10830663245.html

            | おーば | 社会 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            日本人の食卓〜消えたおふくろの味〜
            0
                昨晩テレビをつけたらやっていた番組「日本人の食卓」久米博がMCを勤めていました。

              日本人の食卓から『おふくろの味』が消えた。という話をしていました。スタジオには70代の女性がずらりと並んでいる。これは私の母親と同世代にあたります。
              スタジオに集まった女性たちは「娘に料理を教えたか?」という問いに対して多くが教えていないと答えていました。(私も料理を教わらなかった彼女らの娘と同じ立場であります。)番組では何故教えなかったかというとことを掘り下げていった。

              70代の彼女たちは、子供時代に戦争を体験していて、戦後には教科書を黒く塗りつぶさなければならなかった世代です。そのことは私にもすぐにピンときたのですが、それだけの問題では無いようでした。

              戦後の復旧から続く高度成長の時代、彼女たちは初代のOL(当時はBG‐ビジネスガール)世代。女性の社会進出と、家電の普及・インスタント・冷凍食品の発達という環境で成人し、結婚期を迎えています。政府の洋食振興策もあって、食文化は激変しています。振り返って、自分たちの子供時代には、十分な食料も無く、母親から料理を学ぶなんていう環境は存在しようも無かった。新しく、華やかな生活に飛びつくことも無理からぬことと思われます。久米博いわく、「明治維新に匹敵あるいはそれ以上の激動の時代」に生きた人たち。

              つまり、彼女たちはおふくろの味を受け継がず、新しい食文化を担った訳ですが、受け継ぐことの価値を学べなかった彼女たちは、自分たちの世代に培った(?)文化を娘たちに受け渡すこともしなかったのです。
              もっとも、培ったと言える人は極少数であって、多くはただ流行を受け入れただけとも感じます。

              大家族の制度が壊れ、核家族化が進んだのもこの世代、自由こそが絶対と信ずれば、子供たちを束縛したいとは思わないのですが、学校へ通わせる以外の教育を与えることも出来なかったのです。

              では、私(40代)たちはどうなのでしょうか?確かに料理は習ってきませんでした。料理はスクールで習うもの?文化はテレビやネットで調べるもの?アダルトチルドレンの問題を抱えている人たちもこの世代には多くあるようです。

              次の世代は核家族どころか、結婚さえ出来ない人も多いようです。
              収入が足りないから結婚なんて出来ないと考える。貧乏な家族だって存在していいんだとは考えられない。
              収入以前に他人と寄り添って家庭を築くこと自体を困難に感じたり、煩わしく感じたりする人もいる。
              それでいいの?

              『敗戦』の傷が現在に至るまで大きく日本人を蝕んでいるのだなぁとひしひしと感じました。
              | おーば | 社会 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              2930     
              << September 2019 >>
              + 自画像・ホームページ
              + ブログ村ランキング
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES